「人」と「場」をつなぐ

誰もが一度は夢見た想いを私達はお客様に寄り添い
サポート致します。『リノベーション』が主流に
なりつつある現代社会で安心の住まいづくりを
経験豊富なスタッフが自身を持ってお手伝い致します。

RENOVATION MENU

一言で『リノベーション』と言っても
住宅・店舗・ホテル・オフィス等、仕様用途によって異なる技術、
知識が必要となってきます。私達はそれぞれ用途に応じたベストな
アプローチを、今まで培われた経験によってお客様が求めている
安心且つ、満足できるリノベーションを提供致します。

SERVICE AREA

サービスエリアは札幌、東京(関東圏内)
福岡、沖縄と広範囲にわたり対応しております。
その他エリアもご相談により対応可能ですので
お気軽にお問い合わせください!

WORKS

S邸

Renovation, Sptenber 2021
Design: ThanCa
Location: Yokohama,Kanagawa
Floor area: 75㎡

U邸

Renovation, April 2022
Design: ThanCa
Location: Sapporo,Hokkaido
Floor area: 48㎡

F邸

Renovation, April 2019
Design: ThanCa
Location: NishiShinjuku,Tokyo
Floor area: 45㎡

BLOG

リノベーションのための床材選び フローリングの選択は、お部屋の雰囲気や快適性、耐久性に大きな影響を与えます。いろんな種類のフローリング材がありますが、適切な材料を選ぶことはもちろん、その貼り方によってお部屋の雰囲気を変えてくれます。今日は、異なる種類のフローリング材についてお話しさせていただきます。次回は、フローリングの貼り方について詳しくお話していきます。 目次 フローリングの種類について1.無垢フローリング2.複合フローリング3.クッションフローリング4.フロアタイル5.カーペットまとめ フローリングの種類ついて 1. 無垢フローリング(ハードウッド) 無垢フローリングは、見た目も耐久性も優れているので、一番人気の高い選択肢です。木の風合いそのままで、足触りも気持ちいい。冬でもひんやりしなくて、素足で歩いても平気なほど温かみを感じる。しかも、使ってるうちに艶が増して色も深まるから、傷がついてもいい味になるのがおすすめポイントの一つです。木目や色合いが豊富で、部屋に温かみを与えてくれる一方で、お値段は少々お高めです。。。ただ、30年ほど長持ちするため、長期的に考えるとコスパはいいかなと思います。定期的に、ワックスやオイルを塗るメンテナンスが必要ですが、それによってより味のあるフローリングになっていくため、より一層愛着が湧きますね。 2.複合フローリング 複合フローリングは、無垢フローリングより一般的に使われていて、合板などの基材の表面に、化粧材を貼り合わせた床材のことです。(画像左側が先ほどお話した無垢フローリング、右側が複合フローリング)表面にはオークやウォルナットなどさまざまな種類の突板(木材を薄く切り出したもの)が貼られており、膨張や伸縮が少なく温度や湿度の変化に強い特徴があります。無垢フローリングで発生しやすい割れやねじれ、反りなどが複合フローリングでは起こりにくいため、床暖房にも使えるものが多いです。さらに、キズに強く家のさまざまな場所の床材に使用することができ、戸建て用、マンション用、水回り用、床暖房用など用途別に種類があるのも複合フローリングの特徴です。 3.クッションフローリング ビニールフローリングは、ビニール材料を使用して作られた床材で、木目調や石目調など様々なデザインがあります。このタイプのフローリングは、防水性があるため、キッチンやバスルームなどの湿気の多い場所に特に適してます。また、クッション性があり、歩行時の音を軽減する効果もあるため、マンションにもおすすめです。一枚のシートになっているのも特徴的ですね。水拭きが可能なため、メンテナンスが簡単なのもいい。 4.フロアタイル フロアタイルは、薄い塩化ビニル系のタイル状の床材で、並べて貼るだけという手軽さから、DIYでよく施工されています。 土足対応で様々なデザインから選ぶことができるため、店舗でも多く使用されています。 フロアタイルは、耐久性に優れた床材になるため、水や調味料などをこぼしても、すぐに拭き取ればシミになりません。そのため、キッチンや洗面脱衣所などに人気です。ただ、継ぎ目に水が入り込んでしまうため、水をこぼした際はすぐに拭き取りをすることが必要です。フロアタイルは、傷にも強いため、傷や汚れがつきやすい土間で使用する方も多く見られます。 5.カーペットフローリング カーペットフローリングは、柔らかな質感や遮音性、断熱性などの特徴があり、快適な居住空間を提供します。安全性にも配慮されており、滑りにくく衝撃を吸収する性質があります。さらに、デザインの多様性もあり、部屋に温かみや個性を与えることができます。ただ、汚れやシミが目立ちやすいので、定期的な掃除やメンテナンスをしてくださいね。また、マンションによっては、床材がカーペット指定のところもあります。 まとめ フローリングの選択は、お部屋の雰囲気や快適性、耐久性に大きな影響を与えます。無垢フローリングからビニールフローリング、カーペットフローリングまで、さまざまな種類がありますが、適切な材料を選ぶことはとても大事です。自分のライフスタイルや好みに合わせて、最適なフローリングを選ぶことで、快適で美しい空間を実現してみてください! View More

心地よさを追求する北欧流の照明選びのポイント 照明は室内の明るさを取るために使用する、そんなふうに考える方が多いのではないでしょうか。一方で数多くの有名デザイン照明を排出している北欧では、「人がいるところ、目的のある場所」のみにあかりを灯します。北欧の照明計画は、どのようにされているのかみていきましょう! 目次 1.北欧の暮らし、灯の重要性について2.照明選びの大切なポイント3.照明の配光について4.照明の配置について5.まとめ 北欧の暮らし、灯の重要性について 北欧では、日照時間がとても短く、朝9時頃にはようやく明るくなり、午後2時頃には日が暮れ始めることもあり、極地域では一日中太陽が昇らない場合もあります。環境の影響や、デザインへのこだわりから、北欧では照明や灯具が特に重要視されています。そのため、効果的な照明が必要とされ、照明はただ明るさをとるだけの器具ではなく、暗い季節においても心地よい居住環境を確保する大事な役割があります。 デザインの観点からしても、照明器具は重要な要素となってます。機能性だけでなく、美しさも追求され、洗練されたデザインが特徴的です。ルイスポールセンやFLOSなどのブランドがその代表格であり、照明器具も空間デザインの一環として、家具や家電製品と同じくらい重要視されています。 さらに、照明の心理的な影響も考慮されます。暗い環境では気分が落ち込みやすく、作業効率も低下します。そのため、十分な照明を確保することで、生産性や快適性を向上させることができます。これらの理由から、北欧では照明や灯具が生活の質を向上させる重要な要素として位置付けられています。 照明選びの大切なポイント ■光と影のグラデーションをつくる日本の住宅でよく取り入れられるのは「ダウンライト」や「シーリングライト」ですよね。こちらの照明は部屋全体を明るくすることができますが、この照明だけだと陰影が乏しく、お部屋全体がフラットな空間になってしまいます。そのため、北欧の照明計画を取り入れる場合は、「ダウンライト」や「シーリングライト」を思い切って消してしまいましょう! ■灯りの置き場を考えるお部屋づくりをするにあたり、どこに照明を置いたら良いか考えますよね。先ほどの話で出てきたように、ダウンライトやシーリングライトをつけなかったら、お部屋全体が暗くなってしまうのではないか?と心配される方も多いのではないでしょうか。 安心してください!照明は、「必要なところを照らす」だけで十分なんです。例えば、家族で食事をするところ、読書をするところ、夜ゴロゴロとくつろぐ場所などなど。ランダムに置かれてそうな照明も、実はそこにある理由があるんですよね。私はこの話を聞いてから、北欧のお部屋を見るのがより楽しくなりました! 照明の配光について 照明の置く場所が決まったら、いよいよ実際の照明選び。好みの見た目やお気に入りのデザイナーで選ぶのはもちろんおすすめですが、ここでもう一つ重要なのが、「配光」です。 ■配光とは?照明の配光とは、照明器具から放射される光がどのように空間へ広がり、どのような明るさや質感を生み出すかを指します。配光は、照明器具のデザインや光源の性質によって異なるため、居住空間や作業場など、使用目的や、デザインのニーズに合わせて慎重に選ぶ必要があります。 では一体、配光はどのような種類があるのでしょうか? 照明の機能には、大きく分けて「タスクライト」と「アンビエントライト」の2つがあります。タスクライトは、読書灯のような、部分的に照らすもの。アンビエントライトは、天井や壁など、全体を照らし出すものです。 照明選びでは、このタスクライトとアンビエントライトのふたつをうまく組み合わせることがとても重要です。 照明の配置について ここまで話してきたことを含めて、早速配置していきましょう! 上の資料のように、一つの照明で全体を明るくするのではなく、複数の照明でそれぞれの場所を灯すことでより空間に奥行きが出ますよね。実際ルイスポールセンのスタッフの方が住まわれている写真がこちらになります。 こうやってみると、暗い印象は全くないですね。配光だけではなく、それぞれ異なるデザインの照明が配置されているので、視覚的にもとっても素敵です。 まとめ 実は先日ルイスポールセンにて、照明についてのセミナーに参加させていただきました。学ぶことがたくさんあり、特にこれからすぐ実践できることを書かせてもらいました。照明選びに苦戦されてる方やこれから考える必要がある方など、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。 View More

雰囲気を作り出す柔らかい光 近年、照明の役割は単なる明るさを提供するだけでなく、空間の雰囲気や印象を演出する重要な要素となっています。特に、ペンダント型やブラケット型などのおしゃれで素敵な照明が数多く市場に出回っている中、空間を彩る照明の選択は一層重要になってきます。しかし、空間づくりにおいては、装飾的な要素だけでなく、「引き算」も重要なポイントになります。 壁や床、天井に間接照明を仕込むことで、シンプルですっきりとした空間を作り出すことができます。間接照明は直接目に入らないように設置され、柔らかな光を放ちます。そのため、空間に温かみや柔らかさを与え、居心地の良い雰囲気を演出することができます。 今日はそんな居心地のいい光を作ってくれる「間接照明」についてご紹介します! 目次 1.間接照明とは?2.間接証明のメリット3.間接照明の種類4.間接照明で気をつけるポイント5.まとめ 間接照明とは? 間接照明は、天井や壁、床などに光を反射させ、間接的な光で空間を照らす照明です。その柔らかな光は、リラックス効果を期待されるだけでなく、落ち着いたおしゃれな空間を演出し、洗練された清潔感を与えてくれます。 異なる照明や設置方法によって、間接照明の雰囲気は大きく変わり、使用する照明や配置によって、完成する空間の印象も変わってきます。そのため、間接照明は空間の雰囲気やデザインに柔軟に対応することができます。 間接照明のメリット ■落ち着いた空間を演出できる間接照明は、やわらかく反射した光が空間全体を包み込むため、落ち着いたリラックスできる空間を演出してくれます。直接的な光が当たらないため、眩しさや刺激が少なく、心地よい雰囲気を作り出します。特に、リビングや寝室などのくつろぎの場所での利用が効果的です。 ■素材の質感を表現できる 壁などに光を照射することで、素材の凹凸や質感を美しく表現することができます。例えば、石や木材の質感が際立ち、空間全体に温かみや豊かさを与える効果があります。また、壁紙やテクスチャーなどの表面の模様や質感も、間接照明によって引き立てられます。 ■目線を誘導できる間接照明は対象物を間接的に照らすことができるため、絵画や装飾品などに目線を誘導し、見せたいものを際立たせる効果があります。これにより、空間に統一感が生まれ、調和の取れたデザインが実現します。また、間接照明が壁や天井に設置されている場合、照明自体が目線を引き上げる効果もあり、空間を広く感じさせることができます。 ■空間の奥行きをつくる光の陰影により、間接照明は空間の奥行きや立体感を強調する効果があります。部屋の角や隅に光を照射することで、空間全体が広がり、開放感が生まれます。特に、低い天井や狭い空間の場合、間接照明は空間を広く洗練された雰囲気に演出し、より快適な居住空間を提供してくれます。 間接照明の種類 ■コーブ照明:光を天井に反射させ、間接的に天井を照らすコーブ照明を取り入れることで、天井を高く感じることができます。天井を折り上げ天井にして、段差の部分に照明を入れ込むケースが多いです。後から取り付けるのは難しいため、工事の段階で検討する必要があります。 ■コーニス照明:光を壁に反射させ、間接的に壁を照らすコーニス照明にすると、壁全体に光が拡散して明るくなります。壁にかけたアートやお花が際立ち、おしゃれな部屋になるでしょう。ニッチの中に照明を入れ込む形も素敵です。 ■バランス照明:壁の天井面と下部壁面を照らすコーブ照明とコーニス照明を組み合わせた形。コーブ照明とコーニス照明、両方の効果を兼ねており、天井を高く、面積を広く見せてくれます。 ■置き型の照明:後から取り入れることができ、自由に照らすテーブルや床の上に置くタイプの間接照明もあり、壁や天井などに設置する必要がないため、後から取り入れることができる。気兼ねなく自由に取り入れることができる。 間接照明で気をつけるポイント ■光源をしっかり隠す照明計画は間取りを決めてから行います。その時に光源がしっかり隠れるよう考えないと、せっかく間接照明で落ち着いた空間を演出しているのに、一部分の光が眩しくて全体が台無しになってしまうことがあります。間接照明特有の柔らかい光を演出するためには、デザイナーと一緒にしっかりと計画を立てる必要があります。 ■間接照明で照らす箇所に物を置かない光源に近いところに、家具やエアコンなどがあると、反射光が思わぬ方向に出てしまうこともあります。意図的なライトアップでない限り、近くに物を置かないようにしましょう。間接照明の位置とエアコンの設置場所や家具の配置など事前に検討しておきましょう。 ■掃除やメンテナンスについて考えておく間接照明は、隠れた場所に設置されるため、掃除やメンテナンスができるように、専用の工具や手の入る開口部を確保できるように照明計画をしましょう。また、電球が切れても交換ができない、、、なんてことがおこらないように、シンプルなデザインを選ぶことをおすすめします。 まとめ 壁や床、天井に間接照明を仕込むことで、シンプルですっきりとした空間の中に、柔らかな光と温かみを演出することができます。間接照明はさまざまな空間デザインに取り入れることができるため、自由度が高く柔軟に対応することができます。また、調光機能を備えた照明もあり、シーンや気分に合わせて光の明るさや色味を調節することができるので、さまざまなシーンや気分に合わせて光の調節を楽しんでみてください。間接照明をお部屋に取り入れ、リラックスできる心地の良い空間を計画してみてはいかがでしょうか! View More